象の故郷

サヤブリーはラオスで最もゾウの数が多い場所です。

ルアンプラバンから車でわずか2時間。ラオス象に会いたいなら、サヤブリー県が最適です。サヤブリーにはラオスで最も多くのゾウが生息しており、畑や森との間で重い荷物を運ぶのに一般的に使用されています。ゾウ乗りツアーを手配でき、ラオスゾウ保護センターへの訪問は 1 泊 2 日の旅行です。

ルアンプラバンから車で2時間。ミニバンとバスは南部バスターミナルから利用できます。

訪問する場所


ゾウ保護センター


ゾウ保護センターは、伝統的な自然環境の中でゾウを間近で見ることができる場所です。大規模な観光地から離れて、センターはラオスのゾウの保護へのグローバルなアプローチを提供します。私たちはただの象キャンプではありません!

  • ゾウを家から都会の観光地に連れて行くことはありません。私たちはあなたを彼らの自然環境に連れて行きます。
  • センターのゾウは、出産を待っているか、伐採や大規模な観光産業での疲れ果てた生活から回復するために休息しています。一日中象に乗っているパッケージ ツアーを期待しないでください。
  • あなたの訪問は、私たちの先駆的な社会化および生殖プログラマーに貢献します.
  • 全体として、ゾウ保護センターは、動物福祉、観察、ソフトな交流と学習に重点を置いた場所です。
あなたにできること
  • ゾウと一緒に – ゾウと散歩・展望台・ゾウに餌やり
  • 情報センター – 象の博物館、展示/マルチメディア情報センター/土産物店
  • 繁殖とトレーニング – リプロダクティブ ヘルス センター/社会化とエンリッチメント エリアなど
  • 宿泊施設 – バンガロー/ドミトリー/ファミリー コテージ/ホット シャワー、レストラン & バー
  • その他のアクティビティ – 湖でのカヤック/ヨガ & 瞑想エリア/キャンプファイヤー/天然プール
    など..
そこに着く方法?

ルアンプラバンから ECC ミニバンは、メイン ストリートの郵便局を毎日午前 8 時に出発し、毎日午後 4 時 30 分頃にルアンプラバンに戻ります。所要時間は約2時間です。

詳細については、ウェブサイトをご覧ください>

サヤブリーのイベントとフェスティバル

ぞうまつり


現在、Sayabouly の地区間でローテーションが行われているこの毎年恒例の 2 月中旬 (2016 年は 2 月 19 ~ 21 日に開催される) のフェスティバルは、この国の生きたアイコンを記念しています。象に関連した活動やパフォーマンスでいっぱいの 2 日間の祭典は、象の行列と僧侶の祝福で始まり、2 日目のパレードをリードする今年の象の選出が続きます。

ラオスの重要な象徴的意味合いと歴史的関連性を備えた生きたアイコンとして、象はラオスの人々の心にとって大切な動物です。エレファント フェスティバルは、ラオスのコミュニティとゾウの間の文化と伝統的な絆を祝うものであり、絶滅の危機に瀕しているこのカリスマ的な種に注意を向けさせるものです。エレファント フェスティバルは、壮大な象の行列などのアクティビティを含む無料の全年齢向けのイベントです。 100 頭の象、伝統的な象のバチの儀式、果物と花の供え物、僧侶の祝福、象使いと象のショー、ラオスと外国のアーティストによるライブ パフォーマンス、

Scroll to Top